第2回 WINDSフォーラム・セミナー

 第2回目となる本セミナーでは、高速画像処理技術に関する最新の動向や将来の応用可能性等について解説するとともに、具体的応用成果についてご紹介いたします。

【日時】
平成28年11月28日(月)14:30~17:15
(意見交換会 17:20~19:00)

【会場】
ホテルグランドパレス ゴールデンルーム(4階)


〒102-0072 東京都千代田区飯田橋1-1-1
http://www.grandpalace.co.jp/access/index.html

(アクセス方法)
■東京メトロ『九段下駅』
 東西線 7番口(富士見口)より徒歩1分
 半蔵門線・都営新宿線 3a・3b番口より徒歩3分
■JR・地下鉄『飯田橋駅』より徒歩7分
 (総武線・有楽町線・南北線・都営大江戸線)
■東京シティエアーターミナル(半蔵門線「水天宮前駅」) より10分

【参加費】
2,000円(資料代等)
※意見交換会は会費制として、別途6,000円を徴収させていただきます。

【プログラム】

開会挨拶(14:30~14:35)

講演1(14:35~15:20)
「高速画像処理の新展開」
東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
石川 正俊(WINDSネットワーク副会長)

高速画像処理の現状を最近の動向を中心に解説する。特に、最近動きのあったダイナミックプロジェクションマッピングの基本原理とその応用システム、1msで対象の3次元形状を取得可能な高速計測システム、従来のプレイバックロボットシステムに高速ビジュアルフィードバックをローカルに導入してDynamic Compensationを実現した高速のロボットシステム等を概説し、今後の動向についても概要を述べる。

質疑応答(15:20~15:30)

講演2(15:30~16:15)
「日産高速ビジョン研究を通じた応用推進の取組みとWINDS活動への期待」
日産自動車株式会社 総合研究所 モビリティ・サービス研究所(WINDSネットワーク統括会員)
中村 光範

日産自動車は、将来にわたる持続可能なクルマ社会実現に向け、自動運転に代表されるクルマの知能化の技術に取り組んでいる。日産においても、高速ビジョン技術の車載システム応用検討を通じた新しいクルマ知能化技術を探索している。ここでは、車載応用を踏まえた将来応用可能性を示すとともに、応用探索に向けWINDS活動を通じた推進期待を述べる。

質疑応答(16:15~16:25)

休憩(16:25~16:35)

講演3(16:35~17:05)
「高速プロジェクタ『DynaFlash』とその応用」
東京エレクトロンデバイス株式会社 TI事業本部 製品技術部 部長
湯浅 剛 氏

世界最速レベルのプロジェクタ「DynaFlash」は、Texas Instruments社DLPテクノロジーと高輝度LED光源を用い、当社独自の高速制御回路にて最大1,000fpsで8bit階調の映像を遅延3msで投影することが可能です。東京大学石川渡辺研究室と共同研究したものをベースに小型化し、本年10月に販売を開始しました。様々なアプリケーションの研究開発に、前例のない高速表示装置として提供することで研究が加速するきっかけとなる製品と確信しております。講演では、「DynaFlash」の概要とその応用例について解説いたします。

質疑応答(17:05~17:15)

意見交換会(懇親会)(17:20~19:00)
(会費制 6,000円)

※プログラムは予告なく変更する場合がございます。あらかじめご了承ください。

《WINDSネットワーク会員の皆様へ》

セミナーへの参加お申込みは、以下よりお願いいたします。

申し込みはこちら(会員限定)


《会員でない方々におかれましては、WINDSネットワーク入会お申込手続きの上、是非ご参加ください。》



※入会手続きは簡単です。

  1. 入会費等のご負担はありません。
  2. ネットワーク内の活動において、特定の義務等は生じません。
  3. 各企業・団体等において、個々の部門・グループ等を単位としてご入会いただけます(1企業から、複数のご参加も歓迎いたします)。また、いつどのような段階でも、自由に入会、退会することができます。

WINDSネットワーク」は、高速画像処理技術を活用したオープンイノベーションを促進するプロジェクトです。制約の極めて少ない「自由でゆるやかな組織」を形成し、会員間での情報交換・意見交換等を通じて、参加企業間、更には広範な産業分野間での密接なネットワークを構築していきます。
高速画像処理技術、並びに当該技術の活用にご興味をお持ちの方々におかれましては、この機会に是非「WINDSネットワーク」にご入会くださいますよう、お願い申しあげます。

↑